放射能検査(測定)料金一覧(1検体当たり)・・すべてゲルマニウム半導体検出器での測定となります。

食品の放射性物質検査の選択






LinkIcon放射能測定料金一覧はここをクリック

100Bq/kgの基準値に対する定量検査の為には、10Bq/kgを測定できる能力が必要です。

一般食品の放射性セシウムの厚生労働省規制値は、100 Bq/kgです。 ある検体を検査して、基準値に合致しているか判断する為の検査を行う為には、測定方法が基準値の1/10を測定できる精度が必要です。  放射性セシウム134と137合計で100 Bq/kgですから、信頼できる検査としては、放射性セシウム50 Bqの1/10である5 Bq/kgがきちんと定量検査できる精度が必要です(放射性セシウム134,137それぞれ50Bqで、合計100Bq/kgです。 従って各セシウムについて、50 Bq/kgの1/10である5Bqが必要です。)

このように放射能測定では、ある基準に対して、どの程度まで正確に測定できる(定量の下限という意味で定量下限値といいます)が非常に重要となります。現在の食品基準では、基準値が一般食品で100 Bq/kgですから、放射性セシウムの含有率を正確に測定する上では、簡易型のNaIシンチレーション検出器は精度が不足します。 NaIシンチレーション検出器は「基準を超える恐れがある」ような含有を迅速に検出する上で非常に有効です。

なぜゲルマニウム半導体検出器での検査が必要か

放射能検査を行う際に、よく「定量下限」と記載されますが、この定量下限とは、各セシウム(134と137)をそれぞれ定量できる下限、つまり「この値以上であれば検出数値は信頼できますよ」という下限を示します。(参考まで、定量限界という表現では、定量の上限と下限の両方の意味があるので、定量下限という言い方をします) 厚生労働省の求める基準に対して1/10まで信頼性のある測定ができる事という意味は、放射性セシウム137と134 の合計で10 Bq/kgを信頼性をもって測定できるという意味です。 つまり放射性セシウム134と137をそれぞれ5 Bq/kgで測定できれば、合計で10 Bq/kgを信頼性をもって測定できるという事になります。

乳幼児食品では、134と137合計が50Bqですから、検査で必要な定量下限値は、25 Bq/kgの1/10である2.5 Bq/kgとなります。 飲料水では134と137合計で10Bq/kgが基準値ですから、5 Bq/kgの1/10である0.5 Bq/kgを定量下限として放射性セシウム134と137を測定できなくてはなりません。

このように厚生労働省の食品放射能規制に基づく信頼性のある検査を行う場合、放射性セシウム134と137を5 Bq/kgから定量できる能力が求められます。 残念ながらこのような精度で検査が可能なのはゲルマニウム半導体検出器での検査のみです。 簡易型のNaIシンチレーション検出器での検査では、放射性セシウムが基準値(一般食品100 Bq/kg 乳幼児食品 50 Bq/kg)を超えていない事は検査できますが、20 Bq/kg以下の放射性セシウム(つまり放射性セシウム134と137をそれぞれ10 Bq/kg)含有量は、正確に測定できません。 飲料水の測定においては、NaIシンチレーション検出器では、放射性セシウム134 と137合計10 Bq/kgの検出自体が不可能です。

NaIシンチレーション検出器は、検出感度は良い上、操作が比較的簡単な為、基準値を超えるようなおそれのある放射性セシウムが含まれるか測定する上では非常に便利です。 特に現場でスクリーニング検査する上では非常に効果を持っています。 しかしながら、例えば自主基準で放射性セシウム(合計)の含有量を20 Bq/kgや10Bq/kgとして設定すると、製品が自主基準に合致するかを検査する為には、定量の下限値が1 Bq/kgや0.5 Bq/kg必要です。 このように放射能測定では、どのような基準をもとにして検査を行うか十分に考慮して実施する事が必要です。 同位体研究所では、放射能測定で依頼者に最も適した検査を提供できるよう様々な検査対応を行っていますので、お気軽にご相談ください。

放射性ストロンチウムの測定(迅速法と公定法)

放射性ストロンチウムは、γ線を放出しない事から、ゲルマニウム半導体検出器では測定できません。 このため低バックグラウンド・ガスフロー式β線測定装置を使います。 公定法による放射性ストロンチウムの測定は、放射性ストロンチウムを多段階の化学処理で精製した上で、より強いβ線を放出する放射性イットリウムの生成をまって測定する方法です。 この測定法の場合、精度よく測定が可能ですが、イットリウム90の生成まで2週間以上を要する事から、測定全体では3週間程度必要です。 多段階にわたる化学処理が必要な事から、どうしても検査費用が高くなります。
一方、迅速測定法は、放射性ストロンチウムを選択的に吸着する固相ディスクを用いてストロンチウム90を回収し、これをβ線測定装置で測定するものです。検査費用が公定法に比較して安価な事と測定に要する日数が1週間程度と短期間で測定できるメリットがあります。しかしながら、迅速法にも課題があり、カルシウムや鉛などの元素は、ディスクでストロンチウム90を回収する場合の妨害元素となります。 このためカルシウムや鉛、その他金属元素を多数含む検体の場合には、前処理を適切に実施し、妨害元素の除去が必要となります。 土壌や焼却灰などの環境試料や骨などの検査においては、妨害元素除去の前処理を実施して測定を行います。

このように費用、所用日数の点で、迅速法と公定法はそれぞれ特徴が異なります。 同位体研究所は、迅速法はスクリーニング的な迅速検査、確定検査や精密検査では公定法と、ニーズに対応した検査法の提供を行っています。

LinkIcon放射能測定料金一覧はここをクリック